選び方と身につける指|相手が喜ぶ婚約指輪を選ぶポイント|結婚を約束した証となるもの
指輪

相手が喜ぶ婚約指輪を選ぶポイント|結婚を約束した証となるもの

選び方と身につける指

ハート

日常でつけることを考える

静岡県で結婚指輪や婚約指輪を贈るのは人生のなかでも重要な場面です。ベストなものを贈るために選ぶさいのポイントはあるのでしょうか。ベストな結婚指輪とは高いものでもブランドのものでもなく、2人が納得するものがベストな結婚指輪になります。指輪のリングは形状や表面の質、素材などが判断材料になり、結婚指輪は日常で身につけるためつけ心地や耐久性、飽きないことが重要なポイントです。そのため評判のよい派手なデザインよりシンプルな方が結婚指輪には適しています。そして気に入ったものが見つかったときには実際にはめてみるとよいでしょう。見ただけの印象は身につけることで変わるばあいがあるためです。静岡県でもこれらのことを考えて、気持ちの高ぶりから予算オーバーしないように時間をかけて選んでいくとよいでしょう。

他の指にも意味がある

静岡県でも結婚指輪は一般的に左手の薬指に身につけますが他の指につけてはいけないのでしょうか。日本では結婚指輪を身につける習慣は昭和40年ごろから始まり歴史はまだ浅いです。しかし海外では9世紀にローマ教皇が約束を誓うしるしとして、鉄の輪を使い始めたのが始まりと言われています。ヨーロッパで始まった習慣ですが左手薬指につける理由としてギリシャ神話があります。古代ギリシャでは心臓に心があって左手薬指と血管でつながっていると信じられていました。その心とつながっている指に結婚で固く誓いあった証として指輪をはめました。しかし現在では左手薬指に身につけることが決まっているわけではなく、他の指につける場合もあります。結婚指輪は付ける場所によって意味が変わってきます。左手や右手、それぞれの指には集中力、恋人募集、お守り、協調性、変化などの意味がこめられています。静岡県でも基本的に結婚指輪は左手薬指に身につけますが、その時の心の状態に合わせて他の指につけることもあります。